2007年03月27日

巨人 今年からの希望枠撤廃に合意へ




“読売ジャイアンツ”2007GIANTSイヤーブック


現在、私は日ハムファンですが・・・両親が巨人ファンという事もあり、前回の原監督がクビになる前までは、テレビで野球中継を見るときには、なんとなく巨人の方を応援していました。

なので、その頃の気持ちを思いだしてみると・・・もし当時、このような状況になっていたら、今とは全く違った感じ方をしていたんだろうな〜・・・とは思います。

ま〜書きたいことは色々ありますが・・・あせあせ(飛び散る汗)

しかし・・・「セ・リーグ開幕前には決着させる。」って、ホントに自己中ですね。
おかげで「パ・リーグ」の開幕は、いまいちスッキリしない状態で開幕しちゃってるのに。

だいたい、巨人は別に希望枠なんて必要ないのでは・・・他球団が育てた選手で構成しているチームなんだから。たらーっ(汗)


【マニュアル代金全額返金保証付き】 『脱・デブ宣言!』楽々ダイエット!満腹食べて30日で減量法 


 ドラフト制度改定で、希望入団枠が今年から撤廃されることが決定的となった。即時撤廃に唯一消極的だった巨人がFA取得期間の短縮など条件付きながら、他球団に同調する考えであることが26日、明らかになった。巨人の滝鼻卓雄オーナー(67)は同日、アマチュア球界首脳や他球団首脳と連絡をとり、枠撤廃を前提とした制度設計の方針を示した。4月2日の実行委員会で枠撤廃を決議し、新制度策定に入る。

 滝鼻オーナーはついに譲歩と取れる発言を行った。「巨人は今年の希望枠に固執しているわけではない。ドラフトの制度設計が必要」とあらためて訴えた上で「2、3日で(制度を)つくれと言われても無理。その方向性だけを出してもらえればいい。(30日の)セ・リーグ開幕前には決着させる。それまでには自分の考えを皆さん(報道陣)に伝える」と語った。方向性とは来年に向けて巨人が主張するFA権取得年限を含めたドラフト制度改革に球界全体で着手することで、他球団も了承すれば「(今年からの希望枠廃止で)賛同する」と続けた。

 西武の裏金問題に端を発した希望枠撤廃論争。巨人は球界全体の希望枠即時廃止という早急な流れに異議を唱えてきた。しかし、同枠を不正の温床とするアマ側が猛反発。そのアマ側の反応を受け、プロ側もヤクルトを皮切りに、パではリーグ全体で今年の希望枠を返上する動きが展開され、結果的に巨人は孤立無援の立場に立たされてしまった。

 それに先立って出演したラジオ番組では、他球団の無策を非難した。「他球団がメディアの批判を避けるため(制度改革の)議論もしないで枠をなくせと言ってるのはナンセンス。巨人を風よけに使って、巨人だけを悪者にしようという思惑を感じる」。とはいえ“正論”を主張しても“世論”には逆らえない。読売本社関係者は「アマ側の反発もあるし、軌道修正せざるを得なくなった」と実情を明かした。

 この日、滝鼻オーナーが他球団のオーナーに電話を入れ「今年から枠撤廃でいきます。その後に制度づくりをしっかりやっていきましょう」と意向を伝えた情報もある。またこの日朝に全日本アマチュア野球連盟の松田昌士会長と会談したことも明かし「巨人の考えを伝えた。巨人は(今年の希望枠撤廃から)逃げているわけではないと。“なるほど”と言ってくれた」とアマ側の理解を得たもようだ。

 「2日の実行委員会では今年の枠撤廃で決まる方向になった」とNPB関係者。93年から大学・社会人のドラフト候補生に限り始まった「逆指名制度」がピリオドを打つ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000000-spn-spo
http://news.livedoor.com/article/detail/3093649/
posted by さとっち at 15:52 | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。